2009.07.25 (Sat)

鬼のベルガモット正面突破に挑戦

ひさしぶりにベルガモットへ行こうという話になりました


前回のパッチでベルガモットが途中召喚してくるオーバーロード
あのこのHPが増えて誘惑を使うようになってから敬遠しがちなベルガモット


ベルガモット

PTですかー?
ヒーロー、ビショップ、ダークナイト、ナイトロード、全員で10人くらいかな?
シャドーさんもいません!アークメイジさんもいません!
敵の動くを止めるスキルゼロです(ドゥームは不正落ちのため除外)
誘惑とか絶対かかっちゃいますよね


ベルガモットの右端から攻撃すれば攻撃されない&オーバーロードが召喚されない?
そんなことは知ってるんだ―!

ベルガモットが楽しくて好きだから行きたいんだ
攻撃してこないベルガモットなんてわざわざ行きたいとは思わないんだー!



なのでベルガモット正々堂々、正面突破!


ベルガモット

1段階&2段階&3段階の真ん中らへんでそれぞれ3回召喚オーバーロード召喚
合計9回ですね


1段階目&2段階目は、ビショップはオーバーロードがアンデットを使うので絶対ヒール禁止です
PTのかたが誘惑でダメージを受けててもしてはいけません!
ビショップはオーバーロードの誘惑にかかっても
ちゃんとHP&MPを全快にしてあって、マジックガードとガードがきれていなければ
死んでしまうほどダメージを受ける前に誘惑終わるので、おそらく死なないかと!
あたしは死んだことないですね

なのでエンジェルレイ&バハムートでちょこちょこ攻撃
このとき気をつけなければいけないのが
オーバーロードを追いかけて水からでないこと!
うっかりでちゃうとスキルカットがよけられないので危険
そのあとすぐにオーバーロードの誘惑ってことがあるので・・・
ビショップは海から出てはいけません!


3段階目はスキルカットはなくなるものの・・・
誘惑つきのミサイルが危険
こっちもオーバーロード召喚中は絶対水からでるべきではないですね
上から降ってくるミサイルがよけられなくなるので!




ベルガモット

今回はビショップが4人もいたのでたくさんリザがあったので
なんとかみんなで撃破することができました

途中3人以外お墓・・・ってことがありましたけどね。゚:;。+゚(ノω・、)゚+。::゚。:.゚。+。


あたしはお墓しなかったですよー♪
やっぱりビショップは攻撃に耐えるというてんに置いてはどの職よりも優れてますよね
っとあたしは思います( *´艸`)クスッ♪



あたしとしてはこの仕様のベルガモットもけっこう好き♪

大変なんですけどそのぶんやりがいがあります
最近あまり味わえないドキドキ感があります

攻撃してればいいだけなんてつまんな~い!


ベルガモットにつきあってくださったみなさま、ありがとうございました(o*_ _)o))ペコッ



バナー

今回もVISTA!やっぱり落ちないんだじぇー

22:06  |  そーらーv(ビショップ)  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

ベルガいこうにも、
メイポINすらしてない俺です・・・。
裂 |  2009.07.25(土) 22:54 | URL | 【編集】

ベルガ楽しかったねw

また行こうねw
ピザ |  2009.07.26(日) 00:33 | URL | 【編集】

ぅぅ かっこよすぎる

最近ほんても攻撃してこないみたいだから、正面からなんてあこがれちゃうな\(≧▽≦)丿

もえ |  2009.07.27(月) 12:45 | URL | 【編集】

Dear 裂さん
だねー
最近インしてないねヾ(・ω∩`。)ウウウ


Dear ぴざくーん♪
おいしそうな名前人だー!
ベルガめ~っちゃ楽しかったよね
またいきた~い!
あとあとこれからもよろしくお願いしまーす♪d(*・ω・*)b


Dear もえさん
えへへ(〃ω〃)
かっこいいでしょー!ナンテイッテミル( *´艸`)クスッ♪
ホンテはたるのやつですよね?
あたしの連れて行ってもらってる固定はバイパーさんいないので体験できてないんですよ。゚:;。+゚(ノω・、)゚+。::゚。:.゚。+。
そーらー |  2009.07.28(火) 01:04 | URL | 【編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://dreamkingdo.blog118.fc2.com/tb.php/605-7faaedc1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |