スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2015.12.14 (Mon)

メイプルメモワール4ページ目 初めてのギルド、人との交流

私はWeiveさんにギルドに入れてもらいました
ギルド名はふるつたると
私の初めて入ったギルドになります


マスターはビショップのFranさん、そして副マスターがダークナイトのmemnさん
私の初めての身近な4次職さんたちでした
このお二人は仲良しカップルさん


特にFranさんはビショップを目指す私の大先輩、いろいろなことを教えていただきました
Franさんやmemnさんにも友達登録をしてもらったんですが、他のお友達から何かにお誘いをもらっているチャットとかが見えるんです
もう、そういうのにすっごく憧れました
私も強くなれば、レベルが上がればお友達できるかな?
いろんな場所に誘ってもらえるかな?
とにかく憧れて、私も早く強くなりたい、高レベルになりたいとばかり思っていました




Weiveさん、Franさん、memnさんにはいろいろな場所に連れて行ってもらいました
ママシュやゾンビママシュ
しっかりマジックガードをかけてきてねって言われて、HPとMPが減ったら回復してねって
こわくてこわくて、ドキドキしながらついていきました
何が起こるかわからない、冒険をしている!って感じていました



初めてビクトリアランド以外の場所にも連れて行ってもらいました
その場所がオルビス

当時はエリニアからでていた船に乗っていきます
ビクトリアでしか過ごしていなかった私には大冒険でした


船での航海中にたまに出現するレッサーバルログ


レッサーバルログ


みんなからとりあえず船の中にいてっていわれて、訳もわからず船の中にこもっていました
気がついたらすべて終わっていました




初めての新大陸、オルビス
街の雰囲気も今まで過ごしていたビクトリアとは全然ちがう
可愛らしい雰囲気の街ですごく私の好みでした


ヘアーショップ


オルビスについて、みんなでヘアーショップにいきました
私は店員のローズマリーの髪型に一目惚れ
この右上のリンスさんの髪型ですね
すぐにこの髪型にしちゃいました
そして翌日にはペットを購入
ごついペットに魅力を感じていたのでミニイエティを購入してイエちゃんって名付けました
ついでにアバターも購入して、外見も好みにしました



アバター
(当時の画像がないのでちょっと時期が違います、盾とペットが・・・)



そしてこのふるつたるとで、あれから8年経った今でも交流のあるとても大事な友達に出会えました
Weiveさんがヘネシスで出会った女の子をギルドに誘ったそうです


そのこがorangepipeちゃん、後にクロスボウマスターになる弓使いの女の子です

私のメイプルでのとても大切な人
困ったことがあったり、悩んだり、なにかあったら1番に相談しちゃう
私のメイプルで1番大切な人は、後にパートナーになる琉帆さんですが、その次はきっと彼女です

さくらブログリンク集の画像全部、メイプル総合リンクの画像全部、私が主催したピンクビーン関連の画像、つくっていただきました
私のメイプルの中以外での活動はすべて彼女のおかげでできました
そのことを私のブログで書くことは避けてきましたけどネ
必要以上に叩かれることが多い私のブログで彼女の名前を出すのはよくないことだと判断したためです


あれから8年以上経った今でもまだ交流のある友達
そんな友達に、こんな初期に出会えたことはとても恵まれていることだったと思います
この出会いがなければ、今の私はないでしょう





ランキングバナー

やっとお友達ができはじめました
今までほぼソロプレイヤーだったんです

23:59  |  メイプルメモワール  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2015.12.07 (Mon)

メイプルメモワール3ページ目 ひとりぼっちの2次転職

私はWeiveさんにメルや装備をもらい、そーらーvの育成をはじめました
新しい装備が使えるようなレベルになると雑貨屋さんで買っていつも持ってきてくれました
おかげで不自由を感じることがありませんでした

私はドロップしたメルをこまめに拾いつつ、レベルをあげていきました
まだ課金もしていなかったので、アバターは初期装備、サクチサクチケットもなし、ペットもなし
幸い、魔法使いの装備は戦士に比べてまだ可愛いものが多かったので見れる外見でした


まず私はビクトリアの各地をまわり、できるクエストをすべてこなしていきました
もともとクエストが好きなんでしょうね
当時は何かを何個集めなさい、出にくいものをもってきなさいといったクエストばかりで大変でした
アルウェンのガラスの靴、炎の羽毛などなど・・・

でもメイプルストーリーって目的がないゲームじゃないですか
何をしたらいいのかわからない
だから私にはクエストしかすることがなかったんでしょうね


エリニア


ビクトリアでクエストばかりして過ごしていたのですが、私は魔法使いだったので特にエリニアでの時間が長かったです
エリニアのBGMを聞くと、いまでもノスタルジックな気分になります
私のホームなんでしょうネ


あと私は操作が苦手で!
ヘネシスからカニングシティに行く途中の今は亡きニオン森でよくルーパンや青きのこの群れに飛び込んでお墓していました
ニオン森・・・ここには本当に苦い思い出しかありません

魔法使いなんでHPが他職に比べ少ないんです
マジックガードなんて使っているとすぐにMPが減っちゃいます
それにマジックガードにSPをふるのは1次でも後半のほう
おまけにマナエリクサーなどのMP回復薬はHP回復薬の2倍のお値段でしたからね
確か600メル
自分ではもったいなくて買うことができませんでした
回復手段はイスに座る!基本ですよね




私は知らない人と会話するのがすごく苦手でした
会話というか、人と関わることが、でしょうか
この頃から人見知り力を発揮しまくりです

特に揉め事なんて大の苦手
なので、人の多い狩場1やありの巣にはほとんど行きませんでした
狩場1なんて全然いかなかったので、つい最近メイプル同窓会というものが狩場1で開かれたはずですが何の思い入れもなかったです

でも当時はじめて人気度をあげてくださった方の名前は今でも覚えています
マップ移動をしていたらいきなり・・・
こういった初めて優しくしてもらった経験はいつになっても覚えているものですね




ウッドマスク


22レベルまでは各地をまわってレベルをあげ、それからの私のお気に入りの狩場はペリオンのウッドマスク&ストーンマスク
あのこたちを倒すときの、キャーっていう声にはまっていました
後に攻略サイトを見ているとけっこう効率のいい狩場だったみたいです

でも、あまり人もこなかったので、横っていうものにも縁ありませんでした
当時は1PT1MAP制が暗黙のルールで、最初にMAPにいた人に狩場の所有権があるという感じでした
このルールの是非はいいとして、これが暗黙のルール、破ればマナー違反という風潮です
私は揉め事が苦手なので人のいない狩場ばかり選んでいました




アリの巣


ウッドマスク&ストーンマスクで物足りなくり、27レベルからはありの巣にいくようになりました
でも人気マップは好きではなかったので、ありの巣でも比較的人がこないマップで狩り狩り


人との関わりを極力避けている私に友達なんて1人もできませんでした
私の友達チャットはWeiveさんのみ
クエストとレベルを上げる
私はそれ以外のことに興味がありませんでした




こうして私は6月14日、メイプルストーリーをはじめて1週間で1人で30レベルになり2次転職をはたしました

聖魔としての第一歩、クレリックになることができました







5ランキングバナー

1週間で30レベル
当時はファーストキャラとしては早いほうだと思います

23:59  |  メイプルメモワール  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2015.11.30 (Mon)

メイプルメモワール2ページ目 迷うことなく魔法使い

私は10レベルでリス港を訪れました


リス港


Weiveさんは3次転職をすませたクルセイダー
私はWeiveさんに何もかも教えてもらいました



まず最初に教えてもらうのは1次転職で選ぶ4つの職のこと

戦士・・・HPが多い近距離職、唯一1次で複数攻撃スキルがある
 ヒーロー系列 戦士の王道、4次の御三家
 パラディン系列 魔法剣士
 ダークナイト系列 ハイパーボディで人気者、3次の御三家、1PTに1人欲しい存在
魔法使い・・・魔法を使う中距離 戦う魔法使いと補助メインの魔法使いがある
 アークメイジ火毒系列 個性的なスキルが多く人口が少ない、毒狩りというのが特徴的
 アークメイジ氷雷系列 火毒よりは人がいたかな
 ビショップ系列 補助がメインの魔法使い 魔法使いといえばこっち 3次4次の御三家 ホーリーシンボルで人気者
弓使い・・・遠距離職 シャープアイズがいいね!
 ボウマスター系列 4次の暴風で開花 4次の御三家
 クロスボウマスター系列 ボウマスターの影に隠れ気味
盗賊・・・遠距離のナイトロード系列と近距離のシャドー系列がある
 ナイトロード系列 3次の御三家 1次から4次まで安定して強い シャープアイズもらえば1番強い
 シャドー系列 近距離職なのに戦士ほどHPが多くないなんて難しそう


こんな感じだったかな?
すごく私の頭の中のイメージで補正されてます、失礼なこと書いてたらゴメンナサイ



まず戦士、魔法使い、弓使い、盗賊、この中でどれを選ぶ?

私は迷わず魔法使い
もうこのときには絶対にビショップになるって決めていました


理由は私が以前にやっていたテレビゲームでは補助スキルを持った職がパーティの要だったからです
どんなゲームでも補助職が1番重要でしょ!っといった思い込みから魔法使いを選ぶことにしました

ちなみに他の職へのイメージは
戦士は男の人がしそうな職、弓使いは魅力を感じない、盗賊はどのように戦うのかイメージがわかない





魔法使いへの転職は8レベルから
私はもう10レベル
当時はINTの数値によりレベルアップ時のMPが増えたので私はもうすでに遅い
なのですぐに1次転職することをすすめられました



ハインズ


初心者のみ無料だったタクシーでエリニアにいき、ハインズに話しかけて魔法使いに転職しました
魔法使いそーらーvになりました




エリニア


私のこの選択は、今おもっても大正解でした







ランキングバナー

最初から聖魔以外は目にはいりませんでした
私の天職だったと思います

23:59  |  メイプルメモワール  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

2015.11.25 (Wed)

メイプルメモワール1ページ目 私のメイプルストーリーのはじまり

私がメイプルストーリーをはじめたのは、2007年の6月

メイプルストーリーでは4次転職が実装され(3月28日)、武陵が実装されたばかりの頃でした(5月30日)
もちろん当時の私はそんなことは知らなくて、後から知ったことです

当時のメール友達のWeiveさんにお誘いをもらってメイプルストーリーのさくらサーバーにきました
私がさくらサーバーなのは、そのWeiveさんがさくらだったからです


ログイン画面


ゲームをするにあたって、まず考えるのはキャラクター名
私はリアルの友達とネットで遊ぶとき、お互い電池の名前をつけあっていました
鉛蓄電池、マンガン電池、ぼたん電池、豆電池などといった感じ
私はそのリアルの友達との間で、ソーラー電池でした
(ちなみに後に作るブログ、そーらー成長しない記録2もその友達とつけたブログ名です)

本当はキャラクター名、そーらーにしたかった
でも使われていて仕方なく、そーらーv
vにしたのは、なんとなく可愛いかな?って思ったからです
でもなんかvがけっこうはまった気がします
そーらーぶいって語呂がよく気に入りました



メイプルアイランド


初心者の島、メイプルアイランドののアムホストとサウスペリ
アムホストでデンデンを狩って、クエストをし、レベルが上がって・・・
これはまずい、楽しい、はまっちゃう、って思ってすぐにアンインストールしたのを覚えています
結局誘惑に負けて1週間後くらいに再インストールしちゃったんですケドね


2007年6月8日、後に200レベルのビショップになるそーらーvの誕生です




メイプルアイランド
(当時の画像がないので後に撮った画像です)

アムホストとサウスペリでは、デンデンを狩っているだけですぐにレベルがあがります
クエストもやって、はちまきや軍手をもらったりした記憶があります
私は当時からクエストをしていくのが大好きでした

でも操作は大の苦手で死んでばかり
1次転職前は死んでも経験値が減らないのがよかった!

スキルのデンデンスローをしようにも、デンデンスローのレベルを上げすぎて赤デンデンの殻が必要
その赤デンデンが倒せなくて困るのに!



メイプルアイランド


1次転職できるレベルは、魔法使いが8レベル、戦士と弓使いと盗賊が10レベル
当時は冒険家しか職がなく、その中でも戦士・魔法使い・弓使い・盗賊の4つのみ
海賊はまだ実装されていませんでした

アムホストとサウスペリで何レベルまであげればいいのかもわからない
とりあえず楽しいのでデンデンやきのこたちをやっつけようっと



メイプルアイランド


ですがWeiveさんの助言もあり、サウスペリからリス港へ向かうことになりました
当時は確かリス港にいくと二度とサウスペリには戻れなかったので、それを聞いてちょっと寂しい思いをしながらリスに港に向かいました



メイプルアイランド


これが私のメイプルストーリー、冒険のはじまりでした





ランキングバナー

1話かいてみてわかりました
これは時間がかかります

23:59  |  メイプルメモワール  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

2015.11.19 (Thu)

メイプルメモワールプロローグ 私のメイプルストーリー

私のブログでのやり残したこと、心残り

ログイン画面


それは私のメイプル回想録(メモワール)です

何年も前から私は、私がもしメイプルをやめるときはそれを振り返ってからやめようと決めていました
そのために約2年前に バナー作成 しています
それから2年間、重い腰があがらなかったんですけどネ


私の大好きなメイプルストーリーの楽しかった思い出に浸りたい
当時はブログに書けなかったこと、あれから数年が経ったからこそ書けることもあるかな
それに対して需要があるかどうかではなく、私が書きたい
今おもいだすと、いたくていたくて、恥ずかしくなってしまう
バカじゃないの?っておもっちゃう
でも当時は真剣だったんです



ほとんどノンフィクション、それに私の記憶を頼りにちょっと補完して書いていこうと思います
なのでちょっと違うところもあります!!
だって全部覚えているなんてことできない



物語があったら、最後まで完結させたい

だってメイプル物語だもの
ちゃんと完結できるのかすらわからないメイプルメモワールですがよろしければお付き合いください





ランキングバナー

でも完結したからといって
メイプルをやめるかどうかはわかりません

23:59  |  メイプルメモワール  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑
PREV  | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。